エンタメ(読書・動画)

睡眠不足覚悟。異世界ファンタジー小説「スタープレイヤー」をレビューしてみた。

スタープレイヤー 本 イメージ

SF好きからするとタイトルから既にそそられる「スタープレイヤー」。あまりの面白さに一気に読破してしまいました・・!

途中で止められなくなるので、読み始めるタイミングにご注意です。笑

次作「ヘブンメイカー」のレビュー記事は以下からチェック


『スタープレイヤー』の特徴

starplayerimage

この本の特徴

  1. 緊迫感の続くストーリー展開:
    物語の冒頭は「なになに、どういうこと?」とソワソワしつつも、読み進めるうちに思わぬ方向に物語が展開していき、作品全体にわたって続く緊張感に興奮を抑えられません。
  2. アクションやサスペンス要素もあり:
    アクションやサスペンス要素もあり、思わずゾッとしてしまうシーンがいくつも盛り込まれています。
  3. 心理描写の深さ:
    主人公の少し冷めすぎているともいえる現実主義的な性格に始まり、少しずつ人間の暗い欲望が露呈され始めます。
    その後自身に対する使命感が芽生え始め、うつろいゆく心理描写の深さに思わず感情移入してしまいます。
  4. 人類の本質とユートピア社会の探索:
    誰でも一度は考えたことのあるような夢のファンタジー世界に自分が身を置いたとき、綺麗ごとだけでは制御しきれない
    人間の本質が滲み出ています。果たしてユートピア(理想郷)とは何なのか、とつい考えてしまいます。


『スタープレイヤー』の要約

この本の要約

ミステリー・サスペンス・ホラー小説家として有名な恒川光太郎氏によるファンタジー小説第1弾。

主人公の斉藤夕月(無職、34歳女性)はある日の帰り道、突然目の前に現れたおかしな人に籤引きを引かされ、1等賞を当て気づくと異世界へ。
そこで自身がスタープレイヤーなるものに選ばれたと告げられます。

スタープレイヤーは異世界の神なる存在から10個の願いを何でも叶えてもらえます。
しかし、元の世界には最速でも100日後にしか帰ることができず、夕月は現実を受け入れ異世界での生活を送り始めます。

期間限定の夢の世界と割り切り、誰でも一度は夢にみるような大豪邸を作り悠々自適に暮らす夕月ですが、徐々に彼女の暗い過去や人間の本質が露わになります。

更に他の人間やコミュニティとの出会いから、夕月を取り巻く環境が目まぐるしく変わりはじめ、”10個の願い” ”100日後には地球に帰れる”という制限が、少しずつ彼女を惑わし始める・・・。


『スタープレイヤー』の感想

誰でも一度は考えたことがあるであろう「なんでも願いを叶えられるとしたら、なにを願うか?」というシンプルなテーマから物語から始まります。

明るいワクワクするような夢のファンタジー小説かと思いきや、気づくとじわじわと著者の得意分野であるホラー・ミステリー要素が迫ってきます。

神をも超越する無敵の力を手に入れた時、人間は果たして理性的な選択ができるのか?
願いの数が制限されるという条件が、さらに人間の欲にまみれた黒い部分を露呈させるのではないか。。

物語の展開が速く、そのスピード感に、「あとちょっとだけ...!」が止まらず、寝不足必至の作品です。

少なすぎず多すぎない10個という数字がまた慎重さと大胆さの天秤を揺らがせてくるー!笑



『スタープレイヤー』を読んだ人のレビュー

レビュー


『スタープレイヤー』はどんな人におすすめ?

こんな人におすすめ

  • 異世界ファンタジー小説が好きな方。
  • RPGゲームが好きな方。ゲーム的な設定の魅力を違和感なく楽しめると思います。
  • アクション・冒険・ミステリーが好きな方。ハラハラする展開に引き込まれます。


『スタープレイヤー』まとめ

壮大なスケール、夢のようなパワー、冒険、ミステリー、人間の本質、といった色んなジャンルが盛りだくさんで見どころたっぷりの一冊です。

思わずもし自分がスタープレイヤーに選ばれたら・・・と考えてしまうでしょう。

読み始めるタイミングは要注意ですが、是非一度は読んでほしい作品です。

-エンタメ(読書・動画)